不動産売却の際の業者比較について

6月 23rd 2013 -

不動産売却をする際には、業者選びが重要です。
この業者を比較した場合、全国展開している業者を選ぶべきなのか、それとも地元に密着した地域限定の業者を選択すべきか、悩むところです。
不動産でも、例えば土地であった場合、その土地が農地であるとか、商業地、住宅地など、その用途によって、購入者は異なってきます。建物であれば、住宅やアパート、事務所、オフィスビルなど、その建物によっても購入者が異なってきます。
都心部であれば、全国展開している業者の方が、強みがあります。購入希望者を探すにしても、全国のネットワークをいかした検索ができのも強みです。また、購入者の資金手当てのために、金融機関を紹介しているケースもあるので、こういった点も強みになっています。更には、取引先から取引先を紹介してもらうなどの強みもあります。
しかし、地元に密着していないため、田舎などでは、新規購入者を避けたがる地域では強みを発揮できない面もあります。
反対に、地元に密着している業者は、地元のニーズにあった購入者を探してくるので、地元からも安心感があるなど、根強い人気があるのも事実です。
ただ、購入者の資金手当のニーズにこたえるのは難しい面もあり、互いに一長一短あるのが現状です。
どちらにしても、不動産売却の際には、売却後にどちらが費用負担するのかといったトラブルも発生することがあるので、売却の契約時にきめ細かく、契約事項を策定してくれる業者を選択することが大事です。不動産売却の一括査定をお願いすれば、同時に複数業者の比較ができるのでスムーズです。

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報